はんぱモンの野外活動

野遊びや旅の思い出、日々の事、読んだ本や飲んだ酒の事なんかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧の釧路4泊4日・その2 釧路市入り

濃霧のなか、釧路湿原へ。
本格的に歩くのは明日の予定なので、今日は下見程度。


釧路市湿原展望台
釧路市湿原展望台
ミクロマンの悪役の基地的な。

設計は釧路近辺でけったいな建物ばかり建てた事で知られる、毛綱毅曠(もづな きこう)。
東京の人だったら銀座長州屋の設計者といえばわかってくれるかも知れん。
Wikipediaのほめてんだかけなしてんだかわからない記事が秀逸。


釧路市湿原展望台
湿原展望台からの散策路。

実は、湿原展望台からは、ほとんど湿原を見ることができない。
ずっとこんな山のなか。


釧路湿原
釧路湿原。

ここからは、・・・せいぜい高台の展望くらいであります。
釧路湿原を身近に見たい方は、鶴居村の温根内ビジターセンターへ向かいましょう。


花の状況やらなんやらを仕入れて、釧路市丹頂鶴自然公園へ。


釧路市丹頂鶴自然公園
釧路市丹頂鶴自然公園。
ご覧のとおり金網ですが、ここはケガなどで保護されたツルのリハビリ施設だそうです。
上はがら空きなので出入り自由なのですが、出るよりもハトやアオサギが入ってくる方がはるかに多い印象。


タヌキモ
園内の池ではタヌキモが咲いていました。


国道沿いのびっくりドンキーで昼飯。
春採湖方面に向かい、釧路の酒蔵・福司に立ち寄り。


福司
福司酒造
現在、道内の酒蔵をめぐるスタンプラリーが開催されていて、ここは参加したなかでは札幌から最も遠い酒蔵なのだな。
スタンプもらって、ついでに何本か買ってきました。


釧路市立博物館
釧路市立博物館
春採湖の高台に建つ博物館。
ここも見たとおり毛綱毅曠の作品。

中はカオス。


釧路市立博物館

・・・戦前戦後の民具やら地質資料やら剥製やらがごちゃっとまとめられていて、博物館というよりも規模の大きな郷土資料館。
いや、こういうスタンスは大好きですよ。本当に。


釧路市立博物館 ミンククジラ
ミンククジラ骨格標本。

ただし、捕鯨を正当化する解説に「イワシなどの資源保護のため」という理屈を入れるのはいただけない。
じゃぁイワシ禁漁すればいいじゃんとか言われたらどうするよ。


いいかんじに夕方になったので、ひとまずホテルにチェックイン。
少し仮眠して夜の釧路に繰り出す。


幣舞橋
幣舞橋。
日が暮れて、ますます霧が濃くなった。


釧路市
栄町あたり。
夜霧にむせぶのが似合う街である。


明日は長距離を歩く予定なので早々に切り上げ・・・と思いきや2件目。
どこに行く我々。



その3に続く
スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

コメント

クジラを食べること。
何が悪いのでしょうかね。。

しっかし。。

霧ってステキ。。

  • 2012/08/22(水) 09:18:10 |
  • URL |
  • G1 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。