はんぱモンの野外活動

野遊びや旅の思い出、日々の事、読んだ本や飲んだ酒の事なんかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンネトーでキャンプ・その3 雌阿寒岳登山

普段なら登山なんてまずやらないんですが、紅葉状況が最悪でやることがなくなっちゃったんで、キャンプ場横から道がついている雌阿寒岳に登ってみることにしました。


雌阿寒岳
オンネトー越しに。
左が雌阿寒岳。右は阿寒富士。

雌阿寒岳は標高1499メートル。オンネトーとの標高差は約800メートル。
往復8.5キロほどなので、昼過ぎには帰ってこれるかと。


雌阿寒岳

登山届を出して、7時出発。
しばらくは高地特有の針葉樹林を歩く。


雌阿寒岳

朝の光が気持ちいい。


雌阿寒岳

ナキウサギがいそうな地形なのだけど、鳴声は聞けず。


雌阿寒岳

五合目を過ぎると急にハイマツが多くなる。


雌阿寒岳

六合目近くで森林限界突破。
オンネトーが見えた。


雌阿寒岳

水の流路にそってハイマツとガンコウランが生える。


オンネトー

ガンコウランの中にイグチの仲間が大発生。


雌阿寒岳

七合目を過ぎたら噴煙が見えてくる。


雌阿寒岳

噴火しては入山規制を繰り返すバリバリの活火山なので、おっかない看板が立っている。


雌阿寒岳

頂上付近。
小さなカルデラ湖(青池)が見えた。

写真撮りながらちんたら歩いても3時間弱で頂上到着。


雌阿寒岳

頂上から。
遠くに阿寒湖雄阿寒岳

頂上は風が強くて寒かったので、景色もそこそこに軽く休憩して下山。


雌阿寒岳

帰り道は火山礫が崩れやすいので慎重に。

往復5時間半ほど。歩くだけならもっと早そう。
思ったよりも楽な登山でした。
…とか言いながら翌日の筋肉痛が凄かったです。

登山道はいくつかあるようなので、体力の余ってる人は「阿寒湖〜雌阿寒岳〜阿寒富士縦走」とかトライしてみてはいかがでしょうか。あたしゃごめんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

コメント

こんばんは。

頂上付近にある小さな青池が、こと座のM57(ドーナツ星雲)に似ていますね。

  • 2012/10/12(金) 01:12:05 |
  • URL |
  • gecko #-
  • [ 編集]

geckoさんこんばんわ

「星雲の中心には白色矮星が存在し、この星から数千年前に放出されたガスが白色矮星からの紫外線を受けて蛍光灯のように輝いている」ほうほう。
「リング部分の青い色はヘリウム、緑色は酸素、赤色は窒素の輝線スペクトルである」なるほど〜。

・・・たとえがマニアックすぎます。

  • 2012/10/12(金) 18:39:20 |
  • URL |
  • たろー #OwGBkIc2
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。